こだわりその1 : 数多くのデータから導かれるイメージ戦略

ホームページには第一印象があります。人はデータによるとホームページを見て3秒で、そのホームページを前に進めるのか、違うホームページに行くのか判断します。それは何によって判断されるのでしょう・・・

ユーザーがインターネットを見るための目的は大きく分けて3つあります。一つは「固有名詞」検索で、特定の企業や商品名やサイト名・タレント名等、ダイレクトで探す傾向があります。

二つ目は「情報目的」検索でこのパターンが最も多い検索パターンと言われています。例としては、「タレント名 出身地」とか「ブランド名 新製品」等で、特定の情報や意味を調べることが目的です。

三つ目は「行動目的」検索で商品を購入する場合や、お店に行く場合、何かのサービスに申し込む場合に検索されるパターンです。例としては、「スマートフォン機種名 ケース」とか「〇〇市 味噌ラーメン」とか「〇〇 割引サービス」等です。

このようにあるとあらゆるデータから導かれるホームページをユーザーが選ばれるわけですから、いろいろなデータや経験が必要となります。弊社では会社案内ホームページを制作されるお客様のニーズをしっかりお聞きして、数多くのデータからどのようにしてニーズが達成するのかをしっかり説明します。

こだわりその2 : インターネットにおけるホームページのルールを説明

ホームページルール

インターネットの世界にももちろんルールがあり、ホームページ制作においてもルールがあります。

もちろん当社はルールを熟知しており、それにルールに沿ってホームページ制作を行っております。しかし、そのルールは随時変わったりするのでそれに対応しないといけません。

世の中の法律と一緒で、昔良かったことが今は法律違反だったり、ルール違反だったりすることがインターネットホームページの世界にもあり、ペナルティも御座います。

そのペナルティとは、例えばお客様のホームページが検索結果において上位にランキング(例えば10位以内)していたのに、ルールが変わったことを知らずに対策を行わず、圏外(例えば1000位以降)に飛んでいたと言うような出来事は今日もどこかで実際にあることです。

当社では常にホームページ制作における最新情報を様々なルートから入手しており、ルールが変われば、お客様に説明しどのような対策を考えるか適切なアドバイスを行います。

こだわりその3 : 簡易SEOをホームページ制作時に施策

ホームページルール

SEOとは簡単に説明しますと、日本語では検索エンジン最適化と言い、情報を探しているユーザーがヤフーやグーグルで検索された時に的確な情報を表示させるのが本質です。ですので検索結果の上位に表示されるに相応しいようにお客様のホームページを施策することがSEOとなります。

探す情報によっては検索結果が数千から数百万ホームページが表示されます。そのうちユーザーに見て頂けるのは上位に表示された10件から20件ほどで、キーワードによってはSEO対策としては激戦極まります。
ですのでその方法や料金は様々であり、無料のSEOから100万円を超えるような施策も御座います。また月々10,000円から100,000円以上のSEOもあり、SEO対策だけで成り立っている会社も多数御座います。

当社では通常ならば有料扱いになるレベルまで、簡易では御座いますが料金内にてSEO対策を行っております。

このSEOの施策が無いと、ユーザーがあなたの会社名でインターネットにて検索した時に、あなたの会社案内のホームページが見つからない(検索されない)ことも御座いますので必須項目だと思います。